舞台DVD販売について

新転位・21では舞台のDVDを販売しています。 ■新転位・21の作品 ■新転位・21演劇学校の作品 ■旧転位・21の作品 名作、傑作の勢揃いです! いずれも下記「新・漱石のいる本棚」にてお求めいただけます。 新・漱石のいる本棚

続きを読む

電子書籍「山崎哲戯曲集」をダウンロードで買えるようになりました!

電子書籍「山崎哲の本」を ダウンロード販売の日本最大級マーケットプレイス 「DL market」で直接ダウンロードしてお買い求めいただけます! ご注意 1・DLmarketに会員登録してください。登録は無料です。 2・ログインして商品を手順に従ってお買い求めください。   商品を選んでからログインしても構いません。 3・お支払いは下記のように様々に選択できます。 …

続きを読む

新転位・21舞台DVD 最新「漱石の道草」発売開始!

新転位・21第22回公演 「漱石の道草」の舞台DVDを発売開始しました。 ■「漱石の道草」 原作・夏目漱石 作演出構成・山崎哲 2013年12月4-8日 シアターバビロンの流れのほとりにて 148分(本編127分・特典映像21分) ■出演 石川真希・木之内頼仁・十貫寺梅軒 大久保鷹・天野雅之・渡邉ゆみ・中井優依ほか ■「こころ」(12年12月公演)に続…

続きを読む

「漱石の道草」 舞台写真2

持病の胃痛が烈しくなって薬を飲んでいると、 兄の長十郎と、姉のお夏が現れる。 二人の話はわかるようでわからない。 そこへお縫さんまで現れ、養子時代の話をはじめる。 いや、お縫さんではない。明らかに妻お住だ。 お住の自分にたいする嫌がらせだと健三は思う。 お住が歌(「夢は夜ひらく」)を歌ってドタンと斃れる。 兄が去ると、姉は野辺送りをしようと健三を…

続きを読む

「漱石の道草」 舞台写真1

開演前…、セットは漱石の「硝子戸の中」をイメージしたもの。 奥の絵は右・漱石、左・藤圭子。 「道草」は漱石の自叙伝とも言える作品である。 主人公の健三は漱石自身だと言ってもよい。 健三は帰宅途中 かつて養父だった島田(十貫寺梅軒)を見かけ、急に不安になる。 左・健三(木之内頼仁)、右・妻お住(石川真希)。 お住は妊娠中。夫婦にはすでに二人の子がいる。 …

続きを読む

「道草」四谷シモンさん、レオニード・アニシモフさん、田口ランディさん、天童荒太さんら

12月8日マチネ終了後、 中央左から立花先生、梅軒、天童荒太さん(作家)、大久保鷹。 前列、木之内、真希、山崎。 12月8日マチネ開演前、 右・山崎の息子のタスケ、左・タスケの友だちのヒロキ君。 夜の部、開演前。 前列中央、四谷シモンさん。 後列三人、梅軒さんとその家族。 終演後、 奥左からロシアの演出家のレオニード・アニシ…

続きを読む

「漱石の道草」 蔦森皓祐さん、谷川俊之さん、吉澤健さんらと

12日7日のマチネ(14:00~)終了後、劇場にて。 左から、蔦森皓祐さん(SCOT)、十貫寺梅軒、山崎哲、 谷川俊之さん、吉澤健さん、石川真希、大久保鷹。 谷川さん、吉澤さんは、 大久保さんらと初期状況劇場、若松孝二映画を支えられた俳優。 蔦森さんはSCOTの前身・早稲田小劇場のころから 忠さん(鈴木忠志)とともに知己をいただいている先輩。 ものすごいメンバーなの…

続きを読む

中嶋夏さんを囲んで 「道草」2日目 

「漱石の道草」2日目、 土方巽さん、大野一雄さんに師事し、 「暗黒舞踏」を創立された舞踏家の中嶋夏さんが観にきてくださった。 中央、中嶋夏さん。左、大久保鷹。右、十貫寺梅軒。 後列左、石川真希、右、山崎哲。前列左、木之内頼仁。 私が中嶋さんにお会いするのはじつは初めて。 状況劇場の初期に客演されたこともあるので、 私の中では「状況」の大先輩でもある。 70歳とはと…

続きを読む

奇想天涯の私たちの「道草」をどうぞごらんください

「道草」の本番まであと4日。 例によって死にそうな稽古が朝まで続いている。 もちろん30年近く続いている「?」な若者たちを 「正常」な状態に戻すための稽古だ(笑)。 ほんとは笑ってられない、大変だよ、ほんと死ぬよ、 もともと正常と異常の判断がつかない若者たちだから。 まあ、うちの連中はそれでもとても人間的で、 可愛いから付き合っ…

続きを読む

新転位・21第22回公演 「漱石の道草」

新転位・21+東京バビロン提携公演 「こころ」に続く山崎哲の漱石シーズ第2弾 「漱石の道草」 石川真希 木之内頼仁 十貫寺梅軒 大久保鷹 夢の共演 ※お詫び 吉澤健さんが個人的な事情で出演できなくなりました。 芸術文化振興基金助成事業 物語 ある小雨の日、健三は道端で帽子をかぶらない男を見かけた。 かれはその男に見覚えがあった。島田といい、健三の養父だった。 島田…

続きを読む

第2回公演「漂流家族」

第2回公演 漂流家族-イエスの方舟事件- 作演出 山崎哲 第26回岸田國士戯曲賞受賞 ●1981年2月6日~3月1日 (週末金・土・日公演) ●代田橋・旧真空鑑劇場 おっちゃん、雨を恵んでくださいな。 アスファルトに染みたあたしの 匂いが消えるようなブルースの雨を! (チラシ) 出演 藤井びん 木之内頼仁 田根楽子 式町ちゃこ 栗山みち 犬塚信乃 吉成…

続きを読む

第1回公演「うお傳説」

第1回公演 うお傳説-立教大学助教授教え子殺人事件- 作演出 山崎哲 第26回岸田國士戯曲賞受賞 ●1980年7月4日~13日 ●代田橋・旧真空鑑劇場 男「お魚が泳いでいる…。 遥かなユーフラテスの川底を 二匹のお魚がゆらゆらと泳いでいる。 のんびり泳いでいる。 あのお魚たちはアタマでは考えない。 アタマとは逆さまの方向から考える。 …つまり…尻尾で考える。 …

続きを読む

21回公演「こころ」観客アンケート

新転位・21第21回公演「こゝろ」アンケート 作演出・山崎哲 時●2012年12月5日 - 12月9日 所●上野ストアハウス 芸術文化振興基金助成事業 昨年のガラスの動物園がとても良かったので観に来ました。 こゝろもすばらしかったです。(匿名) 山崎さんの「こころ」はどんな? せりふのしゃべり方にびっくり。 舞台の構成が絵のように美しかった。最後までついて行く…

続きを読む

7回公演「黙る女」観客アンケート

遠藤賢司 (歌手) これまで自分が観てきた芝居の中で一番面白かった。 佐野史郎 (俳優) ここ数年の中でナンバー・ワンの舞台だ。 佐藤健志 (批評家) すごく面白かった。父殺し、母殺しができない日本人の現在がよく描かれている。 すごかった。こんな届け方をされてしまって倒れそうです。 心のひだを見過ごさない、女より女のことが わかっていらっしゃるのですね、やはり。 小…

続きを読む

新転位・21第21回公演「こゝろ」

いよいよ12月5日初日! 山崎哲が日本文学の最高峰、漱石の「こころ」に挑む! 石川真希、杉祐三、主演。 「芸術文化振興基金助成事業」 私は私自身さえ信用していないのです。 つまり自分で自分が信用できないから、人も信用できないようになっているのです。 自分を呪うよりほかに仕方がないのです。 そうむずかしく考えれば誰だって確かなものはないでしょう。 いや考えたんじゃない…

続きを読む

「純愛中毒」上映会__福岡

福岡の「日韓映画文化交流研究会」が 下記日程にてビョンホン映画「純愛中毒」の 上映とシンポジウムを行います。 私=山崎もお招きいただいたので参加します。 近郊のみなさん、よかったらぜひご来場ください! 12月1日(土) 上映13:00~15:00 シンポジウム 15:30~16:40 福岡市総合図書館 映像ホール・シネラにて 韓流グッズ《純…

続きを読む

新転位・21第20回公演「私たちの幸せな時間」

●新転位・21第20回公演 「私たちの幸せな時間」 原作 チャン・ミンソク 構成演出 山崎哲 チラシ ああ、まるで映画のように、舞台のように…! 「東京物語」(小津安二郎)、「イザベラ」(香港映画)、 「ガラスの動物園」(T・ウィリアムズ)につづく 新転位・21の映画シリーズ第4弾! 鬼才・山崎哲がこんどは韓国映画に挑んだ! 時●2012年6月28日 -7…

続きを読む